Journey Diving and Nature Tour

セブのお勧めの英語学校 セブードゥマゲッティー間の架け橋を作ろう計画

セブのお勧めの英語学校 セブードゥマゲッティー間の架け橋を作ろう計画
LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

フィリピンに英語留学に来る人の人数は年々増え続けている模様

その中でも2015年は今までの1.5倍ぐらいになるとの話

今年の夏休みは激アツになるはず(もう死語なのかな?)

ドゥマゲッティーもどんどん英語を学びに来る人が増えている印象で

街中でたまに若い日本人を見かけるのは今までになかった光景

 

今まではセブ留学が圧倒的に有名だったが

最近はそれがフィリピン中に拡散してきた

ドゥマゲッティーもその中の有力候補だが

最近よく「ドゥマゲッティーの英語学校とセブでも選びたいので

セブで知っている英語学校ありますか?」

的などっちか比べたい、もしくはどっちも行きたい

「都会も自然も田舎も両方選びたいんです」

という欲張り系な方々が増えて来た

 

前置きが長くなってしまったが

そこで私の日本~セブまで長くから付き合っている

友人が関わっている学校を紹介しておく

http://firstwellness.net/

 

ここの学校の特徴をざっとまとめると

・ホテル滞在で安心

・日本人経営でセブを良く知るスタッフが現地でお出迎え

・週に40時間の充実したレッスン

・あなたの要望に合わせた授業構成

・経験豊富な講師陣

a0628f50

 

実は僕自身ドゥマゲッティーよりセブが長く

合計14年のセブ歴

しかもセブに英語学校が出来始めた時から

多くの学校や経営者と関わりがあり中身も良く知っているし

しかも!日本で一番大きい留学エージェントでカウンセラーを

やっていた経験もあります

 

その僕が分析するにこの学校のすごい所は

①ホテル一棟をすべて学校で貸し切っていること

 当然のごとく生徒さんはホテルの一室に泊まり

 ホテルのセキュリティーの下生活&勉強ができる

 当然のことだがホテルが立っている場所なので

 利便性も良く、キャピトルというエリアにあり

 セブのまさにど真ん中にある学校

899a67f6

これは欧米の留学先でもまず聞いたことがないことです。

何よりもこの学校自体の信用度や集客力が高くないと

実現しないことです。

39c24d4d

 

②講師の選別には非常に力を入れている                        

 全ての講師が講師歴5年以上、もしくは英語教授修士号取得者であり                

 講師採用時に厳しく選抜している

これは人件費がまだ安く、人口1億人を超してしまい、どんどん人口が増え続けている

フィリピンだからこそできること

まだまだ学校側が先生を選びたい放題なのです。

質の良い先生を選べる経験と目があることがあげられます。

 

➂カリキュラムの質

この学校のカリキュラムは現地有名大学の教養学部長が作成している

会話、文法、発音はもちろん、TOEIC対策、TOEFL対策、ビジネス英語、IELTS対策等さまざまなカリキュラムで上達をサポートしている

587d7056

現在フィリピンは国を挙げて英語留学生を受け入れ

推奨しているので、このような試みにも快く受けてくれる

コネクションがしっかりしていて、信用度が高い学校であるから

このようなことができるのです。

 

➃至れり尽くせり、フレキシビリティーの良さ

 以上のようなしっかりとした学校であるにも関わらず

 さらに、その人それぞれの要望に合わせた授業構成

 をしてくれる

 しかも、ほぼすべての学校が空港送迎をフィリピン人スタッフに

 任している中

 ここの学校はしっかり日本人が送迎してくれ

 到着後から手厚いサポートをしてくれる

03cf581f

僕はこの学校の凄さはここだと思う

クオリティーの高さ、出来そうでできないことを

やっている。

これは実は簡単なようで難しい、正直メンドクサイし

そもそも人件費が高いから日本人は雇いたくない

のが普通

 

元々日本からダイビングのライセンスを取得するために

僕がセブに連れて来た友人

その彼が英語留学をし、そのまま学校のスタッフになり

セブに居ついてしまい、早や7年ほど

いろいろな学校で働き、中身もよーくわかった彼が

関わっている学校はそれだけでお勧めのしがいがあると思います。

是非セブで留学する際はFEAで!

その後ドゥマゲッティーに来てくれると大変うれしいのですが、、、、

週末遊びに来てくれるだけでも良いので

セブードゥマゲッティー間の行き来をもっと増やしていきたい。

 

※このブログを見た!

もしくは私に直接連絡いただければ

今なら私の友人が責任もって応対しますし

空港までお迎えに行きます。

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加