Journey Diving and Nature Tour

どこでも出張、身軽な自分で

どこでも出張、身軽な自分で
LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

依頼を受けたらどこにでも、いつでも飛んで行ける
そんな身軽で自由な自分でいたい
どこに行っても自分を受け入れてくれる人がいて
自分もその土地、そこの人にテレビのチャンネルを変えるように
ピッと合わせられる自分でいる

よく「YUIさんはもう日本人じゃないですよね?」
と言われるが、僕が日本人であることはどこに行っても変えようがないし
日本人であることを辞めようと思ってなどいない
むしろ海外に住めば住むほど自分が日本人であることに誇りを持てるし
自分は日本人で日本代表だと思い続けている。

しかし、郷に入れば郷に従えという言葉があるように
その国やその土地に行ったら、そこの文化や人に合わせるのは当然だと思うし
僕ら外国人はいつまでたっても現地からしてみれば邪魔者、よそ者なので
できるだけ迷惑をかけないように現地のスタイルに合わせていくのは当然だと思う。
言葉を覚える、現地の人が普段食べるものを同じように食べる
現地の習慣をできるだけやってみる、現地の人のように振る舞う

簡単で当たり前のことだと思うが
最近になって特に思うが
長く海外に住んでいる人でも
これをやれている人がすごく少ないことに気付く
こういうことをやっている方が当然のように現地の人は
喜んでくれ、より親密な仲になれる
お互いを理解しあおうとする、尊敬しあおうとする気持ちが大切だと思う。
周りの環境、文化、人に適応する能力は日本人は抜群に優れていると思う。

僕は日本人を捨てたのではなく
日本人のアイデンティティーを強く保ちつつ
ドゥマゲッティーならドゥマゲッティーバージョンの
YUIで今現在はあるだけ
そういうことが自然にどこに行ってもわりとできてしまうだけ
そこが五十嵐唯の最大の強みかもしれない

今日からダイビングの依頼がセブであったので、セブに出張に行ってきます
明日からはセブのYUIになっています。

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加