Journey Diving and Nature Tour

ドゥマゲッティの海洋保護団体と日本の高校生との共同プロジェクト

ドゥマゲッティの海洋保護団体と日本の高校生との共同プロジェクト
LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の高校の修学旅行をドゥマゲッティでやるべく

今日も僕はひた走る

先月同じネグロス島のネグロスオキシデンタルの州都バコロドで

修学旅行をやった話を聞き勇気づけられた

次はネグロスオリエンタル州の州都ドゥマゲッティで!!

素材集めのため今日は友人のデンマーク人カップルと

ミーティングを行った。

 

このデンマーク人カップルはダイビングインストラクターでもあり

元学校の先生でもある、二人とも科学や生物などを教えていた先生で

現在ドゥマゲッティ近郊のサンボアンギータでマリンコンサベーションの

NPOを立ち上げ、海洋保護や海洋教育を世界中の学生やボランティアなどに

教えている。

このプログラムの一環を日本の高校生に教えてもらえないかと

話しに来た。

16a60314

ただ、主に彼らが教えるのがヨーロッパの人が多く

ヨーロッパの人は休みが多い、学生達も自立心が強く自分達で

調べて来る。

日本の高校生に1日、2日で教えるのは難しく

しかも大人数でしかもダイビングをしないで海洋調査や

珊瑚の移殖プログラムなどをやるのは無理と言える

そこで意見を出し合ってできることを打診した

 

➀まず、珊瑚や海洋生物などの生態系やバランスなどの話は

陸上で講義することができる。(英語で彼らが)

 

②森と海というのは密接な繋がりがあり

 山から森から綺麗にすれば海も当然綺麗になる

 そこで植林なども実は海洋環境保護に繋がっていく

 

③同じようにマングローブも海洋環境と密接に繋がっている

 マングローブを植えることも海の自然のサイクルに影響するので

 マングローブを植え自然なバランスを戻す役目を作ることができる

 

④これらの講義や話をしてもらい

植林やマングローブ移植が難しいようであれば

ビーチ清掃や(かなりのゴミが落ちている、信じられないが

平気でボンボンみんなゴミを海に捨てていく)

マスクをつけ海に少し入り海の中を覗き

講義で話した珊瑚や生物達を間近で見る

講義で話した内容を体験を通してリンクし

実際のところを五感を通して感じてもらう。

 

陸上の話はけっこう体験学習や修学旅行などでもやった

実績はあるかと思うが

海の話になるとなかなか難しいのでやったことがないのでは

ないかと思う。

ただそこに面白さがあり、わざわざドゥマゲッティまで来てくれる

意味があると思う。

「これを絶対に成功させたいね!!」と

デンマーク人カップルの友人と熱く語った

二人とも身体が大きく彼氏の方はプロレスラーのようだと

いつも言われてしまう強面なのだが

まるで自分達が高校生の時に戻ったように

これができるかも、あれを体験させてあげたいなど

あの頃の純粋で無知な自分と重ねながら語った

マンネリ化した修学旅行ではなく

ここでしかできない経験とここでしかできない出会いと

それを支える多くの熱い人たちの思いを感じる

そんな修学旅行を是非是非味わって欲しい

2d3c975b

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加