Journey Diving and Nature Tour

ドゥマゲッティ近郊のダイビングポイントの紹介(マサプロノルテ)

ドゥマゲッティ近郊のダイビングポイントの紹介(マサプロノルテ)
LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

今ドゥマゲッティ近郊のビーチエントリーダイビングが熱い!

ダーウィンをはじめドゥマゲッティから気軽に行けるビーチエントリーでのダイビングスポットを紹介しはじめて、最近やっと少しは認識してくれるているのか、はたまたたまたまなのか、ビーチエントリーも面白いと思ってくれるダイバー、ビーチエントリーを希望されるダイバーが少しづつだが増えてきた。

実際に面白いので何ら変わってないやと思うのだが

その魅力をこれからも伝えていきたい

今回はダーウィンのビーチエントリーポイントの一つマサプロノルテ

最近僕が注目しはじめたポイントを紹介する

 

最近注目しはじめた理由はバランスが良いこと

マクロもそこそこ面白いし、群れも多いし、海がめなどもけっこうな確率で見られる

最近発見した突然変異、十字架模様のセジロクマノミ君もなかなか良い味を出している

ボホールのパングララオ島近辺でも見られダイビング雑誌に乗り注目を集めていたが、

十字架なのでパブロと名付けられアイドル的存在になった。

本当に頭の線が十字架になっていてキリスト教が国教のフィリピンにおいて非常に縁起が良い。

彼を水中で拝みたかったらダーウィンにあるマサプロノルテにてお会いすることができる

クマノミの種類も多く見られ、砂地、草地、サンゴ礁が交互にまだらにあるので

水中写真も撮りやすい

深場もしくは浅場に行くとトウアカクマノミも沢山いるしクマノミ天国でもある。

砂地を良くみるとこんなヒョウキンで奇妙な奴にも出会える

ホタテウミヘビなどは割と有名なウナギ目の魚モヨウモンガラドオシ

ウナビ目だが小骨が多く食用としては普通は食べないらしい

顔だけ出ているがこの中はうにょーーーーっとすごいことになっているのを想像すると少し気持ち悪い

顔だけでいいです。

潜ると毎回同じような場所で群れているニセクロホシフエダイに遭遇する

青い世界に突如出現する鮮やかな黄色のカーテンは時を忘れ僕を魅了する

一緒に泳ぎたくなる、ついて行きたくなる衝動を抑えるが抑えきれない

ただしばらく何もかも忘れて戯れる

今日は1ダイブで4匹ものウミガメに出会った

マサプロはアポ島化しているのか?

海がめの楽園か?

写真では伝わりにくいが、ガメラを彷彿とさせる巨大海がめ

大海がめにも出会った

次々と出会いがあり、馴染みの出会いもあれば

何が出てくるかわからない楽しみもはらんでいるマサプロノルテ

アポ島やスミロン島などの離島ダイビング、ボートダイビングとは

また全く違った種類の楽しみ、ダイビングスタイルがビーチエリアにはあり

本当に飽きることなくダイビングの醍醐味を様々な角度、嗜好から無限の楽しみを見出せるドゥマゲッティエリア

本当に本当にそれぞれに個性があり、深く、飽きることがない

ビーチエントリーだから大したことない

ビーチエントリーだからどうせボートダイビングの代わりやしょうがないから行くのだから満足しない

と思っている方々のビーチダイビングに対するイメージや考え方が変わります。

世界中で潜って来てこの地を選んだ僕の目は伊達じゃない

ドゥマゲッティの海はダテじゃない

ドゥマゲッティでダイビングしてみたい

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加