Journey Diving and Nature Tour

シキホール島トレーニング フィリピン人少年と青年の育成術、覚醒法

シキホール島トレーニング フィリピン人少年と青年の育成術、覚醒法
LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

ドゥマゲッティーから船で1時間ほどで着くシキホール島には
もう何回ぐらい行ったであろうか?
5、6年前にこの島にある日本人経営のリゾートヴィラマーマリンに
来てそれ以来毎年のようにここに通い、スタッフのマイケルにダイビングを教えたり、新しく建てたダイビングショップをどうしていくかオーナーの相談に乗ったりしていた。

今回またシキホール島に行ってきた。
今回の出張は一人の少年(マーク)の才能の見極めと発掘、育成
一人の青年(マイケル)のさらなる進化と覚醒の手助けをすることに結果的になったと思う

こうやって自分が経験してきたこと、培ってきたことを教えていると
自分もこうやっていろいろな人にいろいろなことを教えてもらい
ここまでこれたのだと改めて実感できる。…

自分が伝えられることは後に残していかねば
b02b4a49

二人とも小さい頃から素潜りをしたり、漁師の仕事を手伝ったりしていたので、
ダイビングはすんなり入れ慣れていき、技術的には問題はなかったが
ダイビングは時として人の命を預かる仕事なので
「自分の最愛の人をこの人に預けられるか?」
という問いに答えられるかという人間性の問題になってくる。
以外に思うかもしれないが、知識や技術は誰でも勉強すれば身に着くが人間性が大いに重要になってくる

マーク18歳、マイケル26歳面白いことに対照的な性格で
時には競争心を煽り、時には似ている部分、まったく正反対の部分を指摘し、見せることによりかなりお互いに刺激になったと思う。

マイケルはプロとして仕事をするには優しすぎること、
自分ですべて抱えてしまい、結局はすべての人にとって良い結果にならないことに気づかされた。

人にうまく仕事を分配すること、相手が欲していることをすぐに与えないで、見守り続け、本当に必要な時に、その人にとって本当に良い形で与える大切さに気付いた。
aeb89938

マークはフィリピン人に多いタイプなのだが、根拠のないプライドが高すぎ
人の話を素直に聞かず、自分の思ったままに動き出し失敗を指摘すると(大概失敗する)
自分のプライドを守るために誰であろうと言い訳をし、食って掛かってくる。
自分がわからない場合でもわからないということが恥ずかしく思い、(自分のプライドを守るために)
最後の最後まで質問をせず、結局わかっていなく間違うがそれを隠そうとする。

結局マークには同じフィリピン人で以前はそうであったというマイケルを
通して僕の言葉を伝えてもらうようにし、不必要なプライドを持つことにより、
関係のない人(お客さんなど)も巻き込んでしまう事態にもなりかねないのだと今までの自分が犯した失敗や僕が指摘した言葉の意味を伝え
これからすべてが始まり、これら教えていることはまったく新しいことだからそれがわからないのは恥ずかしいことではないと伝えた。
加えて今まで学校教育もまともに受けていないし、誰からも教わってこなかったので基本的なマナーや言葉遣い、態度などをこういうものだとマイケルの口から伝えてもらった。

大概はすごく真剣なトレーニングの日々だったが、ここはフィリピンだし
ダイビングは何といってもレジャーなので楽しむのも必要である
海の中でも遊び心と落ち着きと心の余裕がないとなのである。
f245a30d

水中でマスクもレギュレーターを外して笑顔を作るのは慣れたいと難しい。
少しでも恐怖心があると顔がひきつってしまう
まだまだ甘い!
海の中でもこのぐらいの笑顔ができないと一人前ではないのである
2cc2d1ee

人々の笑顔を作り出すためには
本当の笑顔とそれの裏にある様々な思いや、経験も
理解しておく必要があるのではないかと思う。

共に日々学んで行こう!

人々の笑顔のために!
年齢や国籍や言葉など関係なく
Keep practicing,keep trying and keep smiling!font>
3f1f60b0

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加