Journey Diving and Nature Tour

スミロン島ダイビング大物たちとの出会い

スミロン島ダイビング大物たちとの出会い
LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

ドゥマゲッティ近郊のダイビングで大物と言えばアポ島

アポ島が圧倒的に名前が知られているので、みんなアポ、アポ言うが

実はその時の運、巡り合わせが大きく

その時によりスミロン島の方が大物ジャンジャン出たり、綺麗だったりする

よく「アポ島の海が一番良いですよね??」と聞かれるが一概にそうとも言えなく

また何をみたいか、どういうダイビングがしたいかにより大きく違う

 

この日は流れがあまりなかったが大物がジャンジャン出て来た

透明度も前日アポ島は残念だったがスミロン島は透明度良かった

ダイバーを見かけるとすぐに遠巻きで逃げてしまうが

ブラックチップシャークもこの日は何匹も現れ

ペア―で現れることもあった。

スミロン島のブラックチップシャーク

 

ホワイトチップシャークも良く出てきてくれた

この二匹どっちがどっちだか皆さん良くわからないようだが

写真で見ると大きな違いがわかる

体高が太くごっつく、良くみるとひれに黒い点がついているのがブラックチップ

ブラックチップの方がいわゆる一般的なサメ像?に近い、怖そう

ホワイトチップは体高が細く、華奢な印象

ひれに白い点があり、目つきが少しだけ鋭い

ブラックチップが猪木ならホワイトチップはジャイアント馬場??

スミロン島でみたホワイトチップシャーク

 

この日はなかなか忙しかった

いたるところで大物がせわしく行き交う

ヨコシマサワラがすーーーと目の前を横切る

バラクーダのでかいのが一匹縦に泳いで獲物を狙っている

カスミアジの編隊がすごい勢いですれ違い、小魚の群れにアタックする

しまいにはロウニンアジのデカいのが僕の目の前に突進してきて

ギリギリですれ違う

あまりにも大きいのでその口で一飲みされるのかと少しヒヤヒヤした

スミロン島の巨大ロウニンアジ

 

群れもいたるところで「これでもかーー!」というぐらい視界を埋め尽くす

ユメウメイロの鮮やかな群れに夢見心地にさせられ、綺麗だなーーと現実感すら失う

ニセクロホシフエダイの群れも浅いところで群れていて、なかなか見ごたえがある

クマザサハナムロの群れや小イワシの群れがカスミアジやロウニンアジに追われ

こっちにも突っ込んで来る

よく当たらないよなーと思うのだが、あったら大変なことだな

あれーーー、もう好きにしてーーーーというぐらいグチャグチャにこっちに

突っ込んできてアジと共にもみくちゃになる(少しはダイバー気にしてほしい)

スミロン島のニセクロホシフエダイの群れ

 

なかなかエキサイティングなダイビングを味わった

こういうダイビング後は気分が不思議と高揚し、元気が出たり

不思議と明るくなる

みんなで同じ体験を共有しているのでより一体感が出て、場が盛り上がる

こういう瞬間のためにダイビングをやっているんだよなーと思える

アフターダイブの酒盛りも盛り上がること間違いない

やっぱり海っていいなーー

少しのタイミングの一致と少しのラッキーと、少しの巡り合わせのずれ

海の中もまたみえない偶然と必然の世界でできている

わからないから面白い、予想がつかないから良いんだーー

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加