Journey Diving and Nature Tour

アポ島の現状、真実

アポ島の現状、真実
LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

世界中の人が憧れるダイブサイトトップ10にも選ばれたアポ島

3、4年前の台風の影響で島の一部のポイントが被害を受け、浅いところの珊瑚が壊れてしまったり、
クマノミ城もなくなってしまいましたが、まだまだアポ島は健在で、十分フィリピン1、世界有数のダイブサイトです。

アポ島やダイビング、海のことをあまり知らない人は「アポ島サンゴ壊れてしまって、残念、もう綺麗ではない」と決めつけてしまっていますが、壊れてしまったのはあくまで一部なのです。
ネグロス島の陸からアポ島を見て島の反対側にある、一部のポイントの珊瑚が壊れてしまっただけで、
島の正面側、流れがあまり早くなく綺麗なビーチが広がり、シュノーケリング向けのポイント達は何もダメージを受けていませんし、
ココナッツポイントなどもダメージは受けていません。
サンゴもすごく綺麗ですし、ウミガメもたくさん見られますのでご安心ください。
b127dc87

ダメージを受けてしまったマムサポイントでも
未だにギンガメアジの群れは健在ですし、世界中で見れる場所はおそらく相当稀な
深場の2M近くの巨大ロウニンアジのものすごい群れもまだまだ健在です。

61fef0eb

アポ島は元々珊瑚や水中が綺麗なのは当たり前ですが
ダイナミックな冒険的ダイビングが売りのサイトです
そこはまったく失われていませんので、アポ島の魅力がなくなったわけではまったくないのです。

現在ダイブインウサさんの黒沢さんが来年引退するのにあたり
私が後を引き継ぎます
黒沢さんのスペシャリティー、アポ島でのダイナミックダイブも引き継いでいきますので
どうかご安心ください

新たな世代が、新たなアポ島の魅力を伝えていきます

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加