Journey Diving and Nature Tour

ドゥマゲッティの海の悲惨な現状 海亀は知っている

ドゥマゲッティの海の悲惨な現状 海亀は知っている
LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

サンタモニカビーチでトレーニングがてら海底のゴミクリーニングを

やっているが、なかなかショッキングな場面に出くわした。

それは流れが速いほぼ最大満潮時のこと

流れに乗りクラゲの幼生なり、プランクトンなり、いろいろな微細な

生物達が流されて来たのと同時に

なんと大量のゴミが流されて来た

おそらく流れの方向と流されて来る方向からしてドゥマゲッティの街

から流されて来る大量のゴミ

 

その数と言ったらとてつもない数

写真、映像では伝わりづらいが

1時間以上トレーニングをしていたが

まったく途切れることなくずーーと大量の新しいゴミが流れてくる

 

あまりにもひどく、異様な光景なので

思わず動画を撮ってしまった

しかし、そのタイミングで何とウミガメがいた

普段あまりこの辺では見かけることなく

しかもけっこう浅い所にいた

想像だが、流されて来るクラゲやいろいろなものを狙ってのこと

しかし、その中には大量のゴミ

特にクラゲに似た大量のビニール袋が流されて来ていた

 

これはーーいくら海底のゴミを拾っていても切がない訳だ

(これだけが原因ではないが)

根本からの解決をしていかないと

何故こうも大量のゴミが海に流されるのか?

やはり人々の意識から変えていかなければ

自分ができるところから、近所の海から綺麗にしていくことは

このまま続けて

何とか根本原因を解決する糸口を探る

これは思うほどたやすくなく、おそらく政治経済の問題まで

いかないと解決しないと思うので

闘い続けていこうと思う。

海がこの状況を僕にみせてくれたのには何か意味があるはずだ

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加