Journey Diving and Nature Tour

国内、海外駐在員大歓迎のダイビングショップ

国内、海外駐在員大歓迎のダイビングショップ
LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近非常に有難いことにフィリピン国内外の海外駐在ダイバーの方がドゥマゲッティにダイビングに来てくれることが増えていて、僕自身いろいろな国で働いたので思い入れが強く、是非もっと多くの海外駐在ダイバーにドゥマゲッティの良さを知って欲しいと思います。

お願いされればどこでも行ってドゥマゲッティダイビングの素晴らしさを紹介しに行きますし、僕自身特に東南アジアの国々はしょっちゅう行っているのでタイミングさえ合えばいつでも飛んで行きます。

東南アジアやアジア圏駐在ダイバーのダイビングサイトなどの情報交換ができるコミュニティみたいなのがあれば面白いと思いますし、まだまだ知られていない素晴らしいポイントや海はありますので、是非情報交換やいろいろな意見を聞きたいです。

今年はチャイニーズニューイヤーにベトナムや中国に駐在しているダイバーが来てくれましたし、タイのソンクラーンにはタイから、ホーリーウィークやオールセインツデイにはフィリピン国内からドゥマゲッティにダイビングに来てくれました。

駐在している方達も言っていますが、ベトナムやカンボジアには綺麗で魚特に大物や面白い生物が見られる海はなく、珊瑚も少ない(実際にカンボジアでもベトナムでも潜ったことあります)

タイはシミランクルーズまで行かないとあまり綺麗な海や大物や様々な水中生物には出会えない(実際にタイでダイビングの仕事していました)

マレーシアはボルネオ島の東側シパダン島やフィリピンの国境沿いまで行かないとやはり多くの珊瑚や生物、大物達には出会えません。(マレーシアでもダイビングや旅行業をやっていました)

それは一言で言うとコーラルトライアングルの中にそれらの国や地域はなく、結果珊瑚の種類や数、生物の種類や数はコーラルトライアングル内が圧倒的に多く豊かなわけです。

コーラルトライアングルはマレーシアのボルネオ島の一部からフィリピン、インドネシア、パプアニューギニア、東ティモール、ソロモン諸島にかけてある三角形状の海域で500種以上のサンゴと2500種類以上のコーラルリーフフィッシュが生息するといわれています。コーラルトライアングルは多様な海洋生物の宝庫であり、赤道直下の強烈な太陽光線を浴びて豊富な植物プランクトンが酸素を発生することから海のアマゾンとも呼ばれています

だそうで、コーラルトライアングルの中でも近くて、安くて、簡単に来れるのがフィリピンで、その中でもさらに昔からこのドゥマゲッティエリアはダイバーの中でフィリピン1か2に美しく生物層が豊富と言われています。

アジア圏や東南アジアの国々からはさらに近くて安く、簡単に来れますので是非是非もっと多くの海外駐在ダイバーの方々に遊びに来てもらいたいです。

まとまった人数やグループで来ていただければ海外駐在ダイバー割引もいたします。

(3名、4名以上など)

また現地にあるダイビングショップや潜水同好会、ダイビングサークルなどのツアーなどにも喜んで対応いたします。

ドゥマゲッティエリアだけでも街エリアやリゾートエリアなどに別れていて小さな街ではあるが、様々なジャンルの飲食店がありアフターダイビングもいろいろ充実しています。

日本人にはあまり知られていませんが一つのダイビングディスティネーションとして昔から確立されているエリアですので、十分満足いただけますし、もちろん海は世界有数のレベルですので是非一度遊びに来てみてください。

こんな近くにこんな良い所があったんだーっと、同じ海でもこんなにも違いがあるのかと思っていただけるかと思います。

任期中に一度はドゥマゲッティ、そうだドゥマゲッティに行こう。

でよろしくお願いします。

ドゥマゲッティで潜ってみたい

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加