Journey Diving and Nature Tour

ベストシーズンの海でまったり緩やかに潜る

ベストシーズンの海でまったり緩やかに潜る
LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

今年もやって来ましたベストシーズンの海

ドゥマゲッティのベストシーズンの海が何故良いか?

まず風が止まり、波がなくなり湖のようなベタ凪になり、透明度が抜群に良くなる。

40メートル、50メートルの透明度になり、水温も29度ぐらいまで上がる。

(30度まで上がる時もある)

毎日快晴で雲ひとつないダイビング日和が続く、海の上でも船の上でも暖かく、寒さを感じないまさに南国の楽園、陸にいたら暑いので海に行きたくなる季節。

水温が上がるので大物も深場から比較的浅い所へ上がってくるし、深い所にいるレアな生物達もどんどん上がってくる、レア生物もベストシーズンの海を待ちわびていたかのようにそこらかしこに現れ出し、この時期むしろレア生物ではなくなる。

暖かく穏やかな海でウミガメ達は健やかに眠り

ダイバーが目の前に来ても全く気付かない

ウミガメはどんな夢を見ているのだろうか??

もういくつ寝るとーおしょうがつーー的な、ベストシーズンの海を待ち焦がれていたのであろうか??

この時期のウミガメはいつもに比べても動きが鈍い気がする。

ウツボもウトウトする季節

オトヒメエビにクリーニングをしてもらいご満悦のご様子

水中生物達もまた海が穏やかになり透明度が良くなると「この季節はやっぱり気持ちが良いなー」とか「やっぱりこの季節が一番好きだなー」とか思うのであろうか??

ドゥマゲッティでは陸上以上に海の中の季節は変化に富んでいると思う。

この季節は水中生物がいつもよりも穏やかに見えるのは私だけであろうか??

フグもクリーニングされ恍惚状態になる季節

海が荒れていたり、波があるとこんな大胆に浅場の砂地でオープンにクリーニングなどしていられない。

これもベストシーズンならではの光景なのかもしれない。

平和な海は心も平和にさせ、天敵すらも襲う気力が少し萎えるのか?こんなに大胆におおっぴろげに恍惚としている水中生物の姿も今ならではなのか??

ドゥマゲッティエリアのベストシーズンの海は水中生物の躍動感とその真逆の平和でゆるーい穏やかな表情が両方楽しめます。

いつもよりも皆さんもゆっくり、じっくりと水中生物を観察してみてください。

穏やかで透明度抜群、水温も高いですので水中で眠っちゃうぐらいリラックスできますし、平和な気持ちでいられます。

水中生物達も待ち望んでいたベストシーズンがやってきました。

まだ予約可能ですので、是非遊びに来てください。

水中生物達同様人間も特に心のクリーニングが必要です。

ベストシーズンに潜りたい

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加