Journey Diving and Nature Tour

ドゥマゲッティで女子大生4人体験ダイビング

ドゥマゲッティで女子大生4人体験ダイビング
LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

今年も卒業旅行、学生春休みシーズンが終わってしまう

毎年こんな日本では有名ではないドゥマゲッティまでダイビングやりに来てくれないよなーっと思うのだが、意外に来てくれる。

そしてここまでわざわざ来てくれる学生達は好奇心が強く人当たりが良く、気持ちの良い素敵な学生達が多い。

未知への遭遇には、異なった価値観や異世界に行くには多少の勇気や辛抱が必要だがそれを乗り越えてしまえば快感になりもっと違う、もっと広い世界が見て見たくなる。

そんな経験を過去にしてきた人がドゥマゲッティには集まりやすいので、行動力もありダイビングという未知の水中世界という異空間にも進んで挑戦してみたいと思うのだと思う。

今回もまたそんな素敵な女子大生が4名体験ダイビングをしに来てくれた。

前日の夜いきなり電話がかかってきて「明日体験ダイビング4名できますか??」と言われたので準備のしようがなかったのだが、その電話の感じがからしてもダイビングやりたいんだな、この人達だったら大丈夫そうだなと思い即答でやりますと言ったが、体験ダイビング4名はなかなか難易度が本来高い。

しかし、やる気があり、いろいろなことも受け入れられ何でも楽しめる子達だったので何とか全員でき自力で泳いでダイビングもできた。

海外旅行のサークルの子達だったが海外に出ていろいろな経験をしているのでダイビングで初体験だらけで最初は戸惑っていたが、それを乗り越え楽しみに変えることができたのかなと思った。

最初困難かと思ったが無事希望されていた水中写真もみんなで撮ることができた。

ダイビング後近くのビーチリゾートでみんなでランチを食べいろいろ話をしたが、2人は卒業旅行2人はまだ2年生とかだったが、みんな生き生きとしていて行動力があり好奇心旺盛だがすごく礼儀正しく、オジサン臭い言葉だが青春を謳歌しているなーっとオジサンは嬉しくなったのを覚えている。

ダイビングが好きになってくれたようで、さすがに4月から就職する卒業旅行の二人は言っていなかったが、まだ2年生の二人はダイビングのライセンスはどうやって取れるのか?とかまだドゥマゲッティ来てライセンス取りに来ます!とか積極的にいろいろ聞いたり話してくれるので、僕の地元にすごく近い大学で決して頭が良い方の大学ではないが、(失礼ですが)こういう子達なら大学のレベルとかそういうの関係なく雇用したいなと思った。

若者に元気がないと日本では言われているようだが、この子達はそんなことはなく、ダイビングと同じだが、先のことを考えすぎたり、心配し過ぎたりすると今が大変になるし萎縮してしまう。

ダイビングのコツや彼女達のようにあまり先のことは考えず今を存分に楽しむ、例えフリーターでもいいやー、自分の好きなことができ、楽しければいいやーと開き直れれば結構なんだってできる。

周りが根拠ないのにうるさく言ったり、自分達が楽しくなく人生充実していないのでそのネガティブなのを押し付けてこようとする大人やメディアなどがいるから若者がそれを感じて萎縮して元気がなくなるのであって、今も昔もそこまで本質は変わっていないと思う。

むしろ彼女達のように若者はそれを跳ね除ける強ささえ持ち始めたのかもしれない。

開き直りと今を楽しむはダイビングでも人生でも重要なこと

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加