Journey Diving and Nature Tour

ドゥマゲッティで潜水ガール

ドゥマゲッティで潜水ガール
LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

ドゥマゲッティでフリーダイビングをやりたい女子が増えている。

勝手に潜水ガールと名付けているが、わりとがっつりフリーダイビングをやりたくて来る人が多い。

日本人のフリーダイバー特に女子で世界大会で活躍する人が増えてきたからやメディア露出が以前よりも増えてきたからが原因なのか、以前は全く注目されなかったフリーダイビングも認知度が上がってきた気がする。

しかし、なかなかフリーダイビングの世界は深く厳しいもので絶対に1人ではやってはいけないし、慣れている人とバディを組んでやらないとダイビング以上に危険度が高い。

僕自身NAUIのインストラクターなのでインストラクター試験でフリーダイビング水深10M以上潜れないといけない試験があったり、様々なフリーダイビング系のスキルを全部できないと試験に受からないので18歳からみっちりトレーニングを積んだし、フリーダイビングのインストラクターの資格も取りました。

当時僕は映画グランブルーのモデルにもなったジャックマイヨールに憧れ、彼の本を読み彼の思想や彼が言うグランブルーやイルカの世界に浸り、毎日毎日海に行ってフリーダイビングのトレーニングを自主的にやっていました。

フリーダイビングは体力やスキルというよりも精神力が求められるのでまだ10代だった僕には厳しいものがありましたがそれでも30メートルぐらいは行けました。

今はドルフィンスイミングや人魚になりたいなどの理由からフリーダイビングをはじめる方がいますが、ヨガにも共通するその精神性や瞑想のような世界にはまっていく女性も多いようです。

自分の心と身体を鍛え、何よりも自分の身体や心を知っていく、そのプロセスが心の平穏を保ったり、真の癒しに繋がっていくので女性の方がそれに気が付きやすいのか、好きになる方が多いです。

心と身体を鍛え、自分自身を良く知り深みに挑戦していく

何よりも自分に挑戦し、自分の思い込みや根拠のない恐怖に打ち勝ちより深くより静かな世界へと降りて行く

執着やしがらみなどを手放した解放された自分と海と溶け込む気持ち良さ

フリーダイビングはがっつりやれば結構厳しい世界ではあるが、その分それを乗り越えた解放感に出会え、力やテクニックではない海や自分の身体や心との調和やシンクロニシティと出会える。

思考や頑張り、根性などを越えた境地に行く感覚を味わえ今までにない未知の世界と出会えるかもしれない。

また新たな世界への挑戦、自分との対話、海との調和、人間社会との一時的な離脱

頭でごちゃごちゃ考えることから解放されてスッキリしたい方、自分を解放して癒されたい方、ただただ他のことを忘れ潜ること海と調和することに集中したい方、などなど

ジャーニーは潜水ガール、潜水ボーイを応援します。

フリーダイビングしてみたい

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加