Journey Diving and Nature Tour

カエルアンコウ3種比べ

カエルアンコウ3種比べ
LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

ドゥマゲッティにいる水中生物を同じ種類、科、属、目などの3種選びそれぞれ比較検討しながらその種を掘り下げていこうという企画第二弾だが、例えて言うと回転寿司で同じ皿に乗った3種盛りのようなもので、貝三種とかマグロ三種とかそういったようなものだ。

今回は2007年から名前までガラッと変わってしまって、昔からダイビングしていた人達はなんだなんだ!?どうしてだー?と混乱させられたあのカエルアンコウ(イザリウオ)である。

まず何故そんなややっこしい改名がしかも最近あったのか??

これは2007年2月1日に日本魚類学会が旧名「イザリウオ」を「イザリ」漢字にすると「躄」足が動かない人を指す差別用語として、

いきなり「カエルアンコウ」にします!と変えてしまいました。

それにしてもカエルアンコウとイザリウオ全然違うし、カエルアンコウという名前ださいし、そもそもイザリには諸説あり

  • 鼻先の疑似餌で小魚を釣って捕食する習性から「漁をする魚」すなわち「漁り魚」とする説
  • 胸ビレと腹ビレで海底を這う姿からの連想で「座り魚」であったとする説(高知地方の方言で「座る」ことを「いざる」という)

などもあり、差別用語だからいきなり変えます的なことは日本人のよくありがちな早とちりと、差別用語と言っている時点でもう差別しているネガティブ体質によるところもあると私なんかは思ってしまう。

それにしてもみーんなイザリウオと言っていたのにいつの間にかカエルアンコウに変わって行ったのでそういう日本人の団結力的なものや長いモノには巻かれろ的なところはすごいなっと当時は思いました。

アンコウ目カエルアンコウ科になり3属15種がいるようで、15種もいるのかとなかなか多く中には超レアなのもいるので15種全部見つけてみたいなーっとワクワクしてきます。

ドゥマゲッティで比較的見つけやすいのはカエルアンコウ、クマドリカエルアンコウ、オオモンカエルアンコウ、カエルアンコウ、イロカエルアンコウ、ヘアリーフロッグフィッシュなどで活火山の島の特殊な海が原因かダーウィンなどでかなりの確立と種類、数が見つけられます。

カエルアンコウの中でもひと際大きく30センチ時には45センチにもなるまさに他と比べると巨大カエルアンコウその風貌もトノサマカエルとアマガエルぐらい違う、オオモンカエルアンコウ、大きくごっつく怖い風貌なので人間の目からしたらどうしてもバレテしまい隠れられていないが魚達の目にはあまりばれていないのだろうか??

カエルアンコウ達はあまり動かなくカイメンなどに擬態してじっと動かず獲物である小魚などが来るのは待ちエスカと呼ばれる頭についている疑似餌みないなもので小魚をおびきだしてギネス級の素早さで一飲みしてしまう。

しかしこのオオモンさんはどう見てもでかいくてごっついからばれると思うのだが、、、

こんなのに睨まれたら逃げたくても逃げられなくなるかもしれない

オオモンさんとは対照的に可愛らしく柄も派手でオシャレなのがクマドリカエルアンコウ

体長も8センチほどで小さく、身体の模様が歌舞伎の隈取りに似ているのでクマドリカエルアンコウと呼ばれている。

様々な体調のものがいるが、いずれも隈取りされているので比較的カエルアンコウの中でも見つけやすい

ダイバーの中では待っているとあくびをしてくれる回数が多いので人気があるようだ。

また、クマドリ模様の中でもクリスマス使用?のようなクリスマス模様の個体もいるので見つけたら感涙ものだ

カエルアンコウは上記の2種の中間ぐらいの大きさ15センチほどで、色彩が豊富で茶、黒、白、黄、赤、ピンク、緑など様々な色のバージョンがあり正直他の見比べるのが難しい。

砂地の開けたスペースを好み、白っぽいもこもこのエスカを持つことが見分けるポイントらしいが正直それもわかりづらい。

またカエルアンコウと同種か別種と意見が分かれているようですが、もじゃもじゃの髭のような突起がついているヘアリーフロッグフィッシュもいて、これもダーウィンなどやネグロス島沿岸沿いでも見られます。

この糸状の突起はヒドロ虫のようで共生しているというなかなか興味深く奇妙なカエルアンコウです。

カエルアンコウなかなか興味深いですね。

同じ属にカエルアンコウモドキというエスカを持っていない種もいてなかなか珍しいらしくまだ見たことがないので是非探しに行きたいですし、カエルアンコウは奇妙さや可愛らしさを両方持つブス面白可愛いやつなので最初にこの生物に出会った時は未知の世界に入り込んだ感覚に陥りダイビングやってて良かったな、こんなわけ分からない生物がまだ地球にいたんだと思い何だか安心して感動しました。

素晴らしく奇妙で面白いカエルアンコウの世界お楽しみいただけたでしょうか??

ダイビングでもリクエストいただければ探しに行きます。

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加