Journey Diving and Nature Tour

ドゥマゲッティの海の変わり目

ドゥマゲッティの海の変わり目
LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

これからドゥマゲッティは真夏が終わり南西の季節風ハバガットの時期に入ります。
毎日快晴、風がほぼなく海はベタ凪状態、年間で一番暑さを感じる真夏から、朝晩雨が降り始め南西からの風が吹き始めると体感温度も下がり朝晩比較的過ごしやすくなってきます。
日本人はすぐにカテゴリー化したがりますが、このハバガットの時期はドゥマゲッティがあるネグロスなどのヴィサヤ地方では雨季ではなく、雨が降りやすくはなりますが、ずっと雨が降っている日などほとんどありません。
当然ダイビングもできますし、海で泳げます。海が荒れることも滅多にありません。
台風もドゥマゲッティまではまず来ません(台風が来たのは8年以上前)
南西の季節風ですので、南側のポイントは多少風が入りますが、全然潜れますし、北側のポイントは凪いでいるので大物狙いの北側のポイントの時期の到来です。
この時期バラクーダの大群、ギンガメ、ロウニンアジの大群、サメ類、エイ類を見たい方には絶好のタイミングです。

日本の夏よりも過ごしやすいですし、台風も来ないので安心できます。
ここ数年の日本の夏休みシーズンは日本から家族や親子で短期留学や旅行に来る方が増えていて、普段はあまり見かけない日本人の家族を街で見かけるようになります。
せっかくだからと小さなお子さんも海に行ったり、アポ島でウミガメを見たり、ジンベイザメを見に行ったりします。
ドゥマゲッティエリアでしかできない経験が多くあるので夏休みの旅行先としてやっと日本人にも認識されつつあります。

学生さん達もこの時期留学やダイビング目当てに来てくれます。
週末ダイビング、平日英語学校というパターンが多く、長い休みを使いダイビングと英語のスキルを上達させたいと考える学生が年々増えています。
当然ダイビング旅行やより綺麗な海を目指してまだ知られていない場所を求めて来られる旅行者の方も来ます。
いろいろな方がいろいろな目的で来られる場所、まだあまり日本人には知られていなくちょっと深く調べないと来ないまたは来られない場所
そんな場所には他にはない面白い経験がしたい方、世界をいろいろ周ってる方、人とはちょっと違うことをやりたい方が集まりやすく、またここまでわざわざ来るぐらいなので行動力があり、人とちょっと違う考え方を持った方が比較的来るので比較的同じ価値観の人が集まりやすくもあります。
今年の夏休みも面白い出会いの数々があり、またそれを演出していけたらと思います。

ここには春はなく、ただ変わりゆく夏があるばかり
青春は青夏だ、限りなく青い夏がはじまる

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加